四万温泉と長寿、人生を楽しみ笑う事が長寿の秘訣!

先日、ニュースで、インドネシアのジャワ島に145歳の男性がいる事がわかった。

男性は、ムバフ・ゴトさん。1870年(明治3年)12月31日に誕生。
インドネシア政府の発行する身分証にはっきり記載されていたそうだ。

明治3年の日本といえば、庶民の帯刀が禁止され、
横浜でアイスクリーム販売がはじまり、東京で散髪が流行していた時代。

松代藩で7万人の農民蜂起、各地で「世直し」の騒乱が続く時代。

sb-i01

 

皆様こんにちは!つる会長です!

 

本日の上毛新聞に、敬老の日を前に群馬県の長寿番付(男女10位まで)が掲載された。

 

人間の限界寿命は120歳までともいわれており、

もし彼の年齢が事実であれば、人類史上最も長生きをした人物として記録されている、
ジャンヌ・カルマンの122年164日を大きく引き離す。

世界最高齢のご長寿ということになる。

ナイジェリアには171歳、エチオピアには163歳だと、
主張する老人がいるらしいが、公式な記録は残されていないそうです。

 

tsuruya25

 

先日、106歳になり「吾妻郡長寿NO1」になったつるや創業者関トミも
群馬県の長寿番付(男女10位まで)には入らなかった。

今年こそ!と思っていたのだが10番目のおばあちゃんが107歳!
やはり上には上がいるもの。すばらしい!!

ちなみに群馬県の最高齢は109歳が3人、南北村と前橋市と甘楽村にお住いの方だそう。

そのことを本人に伝えると「そうかい」とあっさりした返事の後・・・

 

驚きの一言が!!!

 

 

「あと5年ぐらいは大丈夫かなぁ!」

 

106歳に5年を足すと111歳!

これなら日本で10位内を狙えるかもしれない。
まあ、なにはともあれ元気なのは良いことである。

「映画が、家で見られるなんて夢みたいだよ~」とTVを見るたびに
笑顔で語っていた祖母だが、以前は毎日つるやの温泉に浸かっていたおかげか、
106歳になった今でも、肌つやがとても良い。頬がツルツルだ。
四万温泉の美肌効果にも頷ける。

 

わが社の黒之助くん達が考えた、

ツルリンピックにある意味参加できそうだ 笑

ツルリンピック詳細は、つるや スタッフ Blogにてご覧下さい!

四万温泉効能は、こちらの記事を参考にして頂きたい⇒四万温泉は、美人の湯!四万温泉の効能は?

趣味は、百人一首を読むこと。
広告の紙をたたんでゴミ箱を作ること。
毎日の仕事は、洗濯物をたたむ事。

耳は遠いが、会話もきちんと出来き頭の働きもしっかりしている。
たまに、ビックリするような冗談を言ったりする 笑
食べ物の好き嫌いはほとんどなし!!お酒は少々。

働き者で、良く笑う事が長寿の秘訣なのだろう。

このまま怪我、病気などせずに楽しく人生を謳歌して欲しいと思う。

sf-seki003