薬王寺の「御朱印」はつるやへお越しください。

本日の群馬県の地方紙、上毛新聞にも掲載されていましたが、
神社仏閣にご参拝して、御朱印をもらうのがひそかなブームとなっているようです。

sb-i01

 

皆様こんにちは!つる会長です。

 

 

shimaonsen-yakuoji-gosyuin

 

私の妻と義母も、御朱印帳を持って各地をまわるのが趣味のひとつになっています。
新聞にも出ていましたが各神社とも特徴があり見るだけでも楽しいのが御朱印です。

 

「薬王寺」の御朱印はつるやフロントでお預かりしています。
御朱印帳には直接お書きする事は出来ませんが、日付を記入して御朱印の札をお渡しします。

 

こちらも四万温泉ごりやく巡りの楽しみのひとつになっています。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい⇒四万温泉のパワースポット!「ごりやくめぐり」とは?

 

つるやの歴史にも深く関わる薬王寺は、昭和二年に、胸の病を患った
法華宗 本山 京都「本能寺」ご住職が「四万の病に効く」との噂を聞きつけ、
1年間、湯治を続け難病を克服し、そのお礼に「四万温泉 日向見地区」へ
「薬王寺」を建てました。

 

ぞじて、昭和40年にこの「薬王寺」の宿坊として「初代 鶴の坊」が誕生しました。

 

その他に、真田信幸にゆかりのある「日向見薬師堂」(健康祈願)

「摩耶の滝」にまつわる「摩耶姫伝説」の拠点「摩耶不動」(縁結び)

そして、「薬王寺」(必勝祈願)

 

四万温泉で紅葉見物と一緒に、3つのパワースポット巡りもおすすめです。

 

sf-seki003