鹿覗キセキの湯つるやの『別邸 美月庵』の名前の由来

つるやの別邸として1999年オープンした「美月庵」

山のリゾートとレトロモダンをテーマに

1999年、その当時の流行の最先端だった。

 

turukaicyo

 

 

皆様、こんにちは!つる会長です!

 

 

 

今回は、『鹿覗キセキの湯つるや』の中にある、

『別邸 美月庵』について話そうと思う。

 

 

「別邸 美月庵」の設計は、後に「情熱大陸」に出てカリスマ設計士になった

松葉啓デザインによるもの。この「美月庵」の由来は?

 

 

自分が大学生の冬の出来事である。

 

 

「寒いので温泉に入ろう」と突然思いつき友人と東京から、

車を飛ばし四万温泉に着いたのは真夜中だった…

 

自分は車を降りさっさと館内に入ったのに、

友人はいつまでたっても外で出たまま。

 

彼曰く「こんな夜空見た事が無い。これは本当の贅沢だ」

そういわれて見てみると月や星の美しさに改めて驚いた。

 

milky-way-984050_1920

 

この四万温泉の最大の売りは自然で、

この夜空の美しさは見る人の心を打つに違いない!!

 

それから時のたつこと約10年、最初に手掛けた宿の名前は

「別邸 美月庵」にした。

 

カリスマ設計士松葉啓氏に頼んだテーマは山のリゾート。

 

レトロモダンという流行も取り入れた。

 

一番人気はやはりテラス付きのペントハウス「月」の間である。

天気予報を見ながら予約するお客様もいる。

 

月のお部屋の詳細はこちらからご覧下さい!

 

 

この星空は効能豊かな温泉と同じく、

これからも変わらぬ四万温泉の宝であると心から思う。

 

 

 

 

prf-seki-1