「万転結起」50歳を過ぎ悟った事

四万温泉は、ほんの少し色づいた紅葉がちらほら出てまいりました。

sb-i01

皆様、こんにちは!つる会長です!

 

 

「万転結起」これは自分の作った造語である。
「七転び八起き」7回転んでも8回起き上がればいい。

 

何度失敗しても諦めずに挑戦すれば成功する。「九転十起」

京浜工業地帯を作った実業家であり、
我が母校浅野学園創設者浅野総一郎のモットー。

仕事に対する姿勢がこの言葉に表れている。
自分は中学、高校と部活に勉強にこの言葉と共にに育った。
しかし大人になり自分の中に少し違和感が生まれていた。

それは9回転んで10回起き上がること、毎回立ち上がる事についてだった。
多くの失敗を繰り返しても最後に大きな成功があればいいのだという想い故。

自分のつたない経験でも多くの事があった。
大きな失敗では「進路の選択ミス」「人生の読み違い」

事業的にも「東京のおにぎり屋」「前橋デパートのおにぎり屋」
「経営の方向性の読み違い」があった。

小さな失敗ではお部屋の改装、お風呂の改装、
人事のミスその他諸々、数え上げたらきりがない。
失敗が続き落ち込むこともあった。

それでも反省し諦めずに努力を続けていればなんとか道が開けてきた。
50歳を過ぎその経験から生まれた言葉が「万転結起」である。
読んで字のごとく一万回失敗しても最後に起つ。
失敗を恐れずチャレンジを繰り返し最後に起つ、

こんな人生を送りたいと思う。

 

sf-seki003