一山一家プロジェクト~四万温泉協会メッセージ

「一山一家プロジェクト」とは読んで字のごとし、

ひとつの山にひとつの家。都会の喧騒と真逆の四万温泉。

上信越高原国立公園というひとつの山の中に住んでいるので、

ひとつの家族のようにみんなで仲良くしましょう。

これは前会長鐘寿館の田村社長が提唱した言葉を現会長の自分が引き継いだもの。

 

turukaicyo

 

皆様、こんにちは!つる会長です!

 

 

今日は、四万温泉協会で取り組んでいる、

「一山一家」のお話をしようと思います。

 

プロジェクトの活動として、

成果があがっているのは新入社員を対象としたもの。

 

shops-1026420_1280

 

4月の中之条町の町長さんを招いて

四万温泉の各旅館合同入社式に始まり、

四万温泉アウトドア体験、リクールト社によるCSセミナー、

青年部の力を借りてグループワーキングをし、四万温泉のマップや

ひとり旅の過ごし方プラン等作成発表など経験する。

 

これを通して新入社員であっても仲間ができ四万温泉で、

より楽しく働けるようになった。

 

実際、このプロジェクトを始めてから当館つるやでは

新入社員を1年目2人、2年目4人、3年目2人、計8人だが、

以前より定着率が良くなり家庭の事情で、実家に戻った

1人を除いてみんな仲良く頑張っている。

 

地域が活性化するには、「わか者・よそ者・ばか者」が必要と言われる。

若手が楽しく遣り甲斐をもって働けたら、四万温泉は更によくなるはず。

 

若者が育って、温泉内に今までにないテイストの

飲食店やお土産や旅館を経営する人材になったら最高である。

 

「一山一家プロジェクトで日本一活気のある温泉地を目指します」

 

四万温協会の名刺のメッセージはこんな想いが込められている。

 

 

sf-seki003