基本宿泊料金が5%割引に!「一の宿倶楽部」とは?

鹿覗キセキの湯つるやは「一の宿倶楽部」に加盟しております。

お互いの宿を信頼しているからこそ、宿主がお客様に自信を持っておすすめ出来る宿。
それが、「一の宿倶楽部」です。

sb-i01

皆様、こんにちは!つる会長です!

 

 

今日は、一の宿倶楽部についてお話しようと思います。

入会費・年会費は一切不要の「一の宿倶楽部」にご登録して頂くと、基本宿泊料金が
「5%の割引」になります。※クレジット決済は2%の割引となります。

公式ホームページ又はお電話で、ご予約されたお客様に限り5%の割引となりますので、
ご注意くださいませ。

全国各地にある一の宿倶楽部に加盟している旅館で割引になりますので、
大変お得なカードとなっております。

詳しくは、一の宿倶楽部の公式サイトをご覧下さい!

 


それでは、成り立ちについてお話しましょう。

「一の宿倶楽部」の原点は、2002年。
たまたま旅館の設計士が同じという、宿主同士の情報交換からだった。

 

四万温泉で行われた話合いは想像以上に盛り上がり、皆で起ち上げたのが
「一の宿倶楽部」だった。
一軒一軒は小さい宿だけど皆で協力して、「日本一の旅館を目指す!」
その強い想いで付けた名前が一の宿。

最初はたった5軒、初代会長は名前の言い出しもあり自分が任命された。

 

成立後、月に一度の定例会で互いのノウハウの交換を通じ、
時にはけんか腰の討論もありお互いに切磋琢磨を繰り返した。

2009年には旅館業界では例を見ない、従業員同士の相互出向をしサービスの向上に取り組んだ。

現在会長は2代目の千葉県蛭田さんに引き続ぎ、加盟宿は東北から九州まで18軒と成長している。
会員数も4万人を超え年々増加している。

自分にとってもこの会議はとても刺激になる。

会成立後16年経ち、自分の子供世代との情報交換はとても新鮮である。

つるやではスタッフ達も箱根の「山の茶屋」さんでインバウンド対応の勉強をかね
研修をし、個々のスキルアップをはかった。

大学生である自分の娘は、京都の「八千代」さんでバイトをしながら
様々な事を勉強させて頂いている。

近いところでは四万温泉の「佳元」さん、水上の「尚文」さんとも様々な情報交換をしている。
今では「一の宿倶楽部」はつるやの成長にとってもなくてはならないものになっている。

 

sf-seki003