群馬県のおすすめ冬野菜「おいしい白菜の見分け方と幻の人参!」

皆様こんばんは!ゆーです。

四万温泉は、寒さが日に日に増していきます。

冬の定番料理と言えば・・・真っ先に思いつくのはお鍋ですね!

お鍋に入れる具材で、白菜は欠かせない野菜です。

 

群馬県の白菜はとてもおいしい事で有名です。

特に有名な「国分はくさい」
旧群馬町国府地域では、榛名山の噴火による火山灰が積もり、砂と粘土が混ざり、
空気と水分が沢山入り込むので、普通の白菜よりも甘味があり、肉厚で柔らかく
とてもおいしい白菜が作られるそうです。

 

では、白菜を選ぶ時、どこを基準に選んだらおいしい白菜なのか?

 

kokufuhakusai

葉の白い部分が厚くてつやがあり、ずっしりと重いもので、葉の先までしっかりと巻いていて、
頭の部分を軽くおした時に、弾力があるものがおいしい白菜の目安だそうです。

 

ちなみに、白菜の黒い点々(ゴマ症)は、ポリフェノール!
食べても全く問題ありませんのでお気になさらずに!

 

しそて冬は、根菜もとてもおいしくなる時期です。

トン汁やお切込み、けんちんが大好きな私は、冬になると毎日でも
食べたくなります!

 

kokufuninjin

 

この人参すごいですよね!!根長は60~80cmになるそうです。

国分ニンジンと言います。国府地域の伝統野菜で、種は大正時代にフランスから
日本に入ってきたそうです。

甘味が強く、色・香りがとても良いにんじんです。(人参が苦手な方には香りが強いかと思います…)
煮物などに調理すると、煮崩れしなく、さらに旨味が増すと言われております。

以前食べた時に、とてもおいしくビックリしました。
人参が大好きなので、私イチオシの人参です!

道の駅、食の駅、産直所、等で期間限定(12月下旬~お正月位が収穫の旬)で
置いてある所がありますので、見かけたらぜひ食べてみて下さい!

現在は、栽培にとても手間がかかるそうなので、生産する農家の方もとても少なく、
「幻のニンジン」と言われるほど評価の高いニンジンです。

 

四万温泉「鹿覗キセキノ湯つるや」のWebサイト(冬の食材のご紹介)でも
掲載しておりますが、旬の野菜をふんだんに使った「つるや会席」

11月の献立は・・・

ご来館頂いてからお楽しみにしましょう!!

 

群馬の栄養たっぷりの土壌で育った季節の食材をお召し上がりに
ぜひ、ご来館くださいませ!

 

帰りは、ぜひ各所の道の駅や産直コーナーにお立ち寄りになり、
群馬の野菜をお土産にお買い求め下さいませ!

大根、白菜、まいたけ、しいたけ、人参、かぼちゃ、下仁田ねぎ、こんにゃく!

午後になると、品数が少なくなって行きますので、野菜購入されるのであれば、
お早めの時間が種類や数が豊富です。

 

おまけでもう1品こちらもご紹介します!

「赤城しぐれ大根」

パリッパリで、しっかりした歯ごたえで、独特の辛味があり
スライスしてサラダに使われたり、漬物などにも最適の大根です!

酢で漬けると赤みを増し、鮮やかに発色するのが特徴的です。
うす切りにしてサラダで食べるのが私は大好きです!

赤紫色の色素は、抗酸化作用の強いポリフェノールですので美容にも最適!

大根おろしも、色も綺麗で辛みも楽しめ最高です。

 

DSC_0361

野菜売り場を見つけたら、ぜひチェックしてみて下さい!

 

sf-yuka