それゆけ!DIY部~壁補修編【四万温泉つるや】

こんにちは~!

「つるやDIY部」部長京野です。

本日もDIYの記事でございます。

 

旅館で、DIYしか仕事がないの?かと突っ込まれそうですが・・・

そんな言葉には揺れません!DIYやってます!

 

 

つるやには『鹿覗きの湯』と言う露天風呂があります。

(某入浴剤CMでも使われました)

こちらは当館を代表する露天風呂となっております。

 

名前の由来となった鹿(ニホンカモシカ)も、

運が良いと温泉に入りながら見れたりもします。

 

そして当館にはもう一つ、

あまり知られていない露天風呂が実はあります。

 

その名も『キセキノ湯』!

何がキセキかって、

そりゃもう、キセキです。

 

屋根、一切ありません!

雨が降ったら入れません!!

時期によっても(冬期閉鎖)入れません!

入れたらキセキです(笑)

 

さて、

屋根がないという事は、

その他諸々雨風・日光にさらされ続けるという事です。

かなりの速度で劣化が進みます。

 

IMG_0356

 

IMG_0358

 

まぁ、こんな感じでボロボロです・・・。

DIYの戦士も真っ青なボロボロ具合です。

ここもいつもお世話になっている設備やさんにお見積りをお願いしたところ、

『○十万くらいで直せますよ』と笑顔でした・・・

 

もう、つる会長も真っ青です。

 

そこでDIY部長京野は考えました。

いくら腕の良い大工さんだって、

屋根がついてなければ劣化は早いよなぁと。

 

当初は業者さんに壁の上に屋根をつけてもらう算段でしたが、

そうするとやっぱり高い・・・。

 

なら、

 

劣化をすることを前提(早期交換)に考えて、

その都度、交換してしまえばいいじゃないか!

 

結果・・・

IMG_0367 IMG_0375

 

IMG_0376

 

こんな具合になりました。

 

しかしながら、

これは定期的に交換を要するので、

根本的な解決には至っていない・・・と言う落とし穴も。

 

これをDIYと呼ぶかは人それぞれだと思いますが、

ちょっとやってみたいな!と興味をもった方は京野まで!

マルチタレント大募集!

 

 

sfーk