【甘酒ご用意してます】四万温泉の年越しは「稲包神社」へ!

四万温泉での年越しは「稲包神社」をぜひオススメします。

甘酒と振る舞い酒がいただけます。運がよければつきたて餅もたべれるかもしれません。
静かな山の神社ですが参拝者全員でカウントダウンをしてお参りをします。


 

皆様こんにちは。

 

 

私は四万温泉に戻ってきてこの20年、毎年稲包神社で新年を迎えております。

四万温泉の稲包神社とは?

文化元年(1804)の夏、大干魃(かんばつ)になった時、村人たちが稲裹神に雨乞いをしたところ、
その夜のうちに雨となって農作物が生気を取り戻しました。
このことによって、稲包山山頂に石宮を祀り 登山口に神社が建立されました。
そして稲裹神の神徳を称えて、霊験あらたかなることを後世に伝えるために、
文化3(1806)年、伊勢国人村上氏を頼みて祝歌を作り、
稲裹地神之碑(いなつつみぢしんのひ)が建立されました。
稲包山(1,597m)は、中之条盆地の水源の山として信仰されています。
山頂の奥宮、登山口のゆずりは地区にある社は中宮であり、東吾妻町の大宮巖鼓神社は
里宮と考えられます。

また、境内には『富安風生句碑』や『柳原白連歌碑』などもあります。

四万温泉協会Webサイトより

 

稲包神社で、毎年裏方でお手伝いをしています。

紅白もレコード大賞も格闘技も見られませんが、今日も寒さに負けずに頑張りたいと思います!

稲包神社は、来春オープンの「おんせんキャンプShimaBlue」の目の前です。

 

皆様是非、新年のお参りは「稲包神社」へいらして下さい!