グランピングで贅沢なキャンプを楽しむ条件【第3弾】グランピングの歴史

グランピング【魅力ある贅沢なキャンプ】を楽しむための情報を
お届けしております!

今日は、グランピングの始まり、グランピングの歴史についてお話
しようとおもいます!!

皆様、こんにちは!

昨日、草刈りをし全身筋肉痛のゆーです。
雑草ジャングルパワーに負けました…
箸が重いって体験初めてです。(ハイ。華奢な身体つきではありません!キッパリ)

 

今日は、前回からの続き
群馬四万温泉で森林浴+グランピング!森林浴効果がスゴイ!【第2弾】

グランピングで贅沢なキャンプを楽しむ条件【第1弾】

グランピングで贅沢なキャンプを楽しむ条件【第3弾】を、お送り致します!!

興味のある事を始めようと思った時、そのものの原点にはどういった背景があり
どのようなドラマがあったのか気になりますよね。

 

グランピングの原点とは、と考えると様々な観点から意見も沢山ありますが、
原点ともいわれている、大流行が起こった時期が19世紀初頭。

イギリスを中心におこった産業革命により、人々の収入が増え週休制度が整ってきた。
生活に大きな変化が生まれました。
生活が豊かになり、休暇の過ごし方にも変化が生まれる。

 

近所の公園でピクニックでは物足りない・・・

glamping

都市から郊外へ向かい、休暇を楽しむスタイルが大ブレイクしたそうです。

グランピングの大流行はルイビトンがはじまり?

19世紀半ば、パリのカプシーヌ通りに店を構えたルイ・ヴィトンが、
トランクを販売しはじめた。

その後、ふたが平になったトランクを販売。
コットン素材や、防水加工を施したものを販売すると
セレブの間で話題になり、皆、我先にと買い求めたのだそう。

交通手段も、馬車から車や鉄道や船といったものに変わって行く。

ヨーロッパの貴族達は、サファリを楽しむためトランクに荷物を入れ、
植民地だったアフリカやインドへ向かい、森の中に豪華なテントを張り、豪華なダイニングを
設置し、大自然を楽しんだ。

グランピングスタイルは、ここから誕生し、形は変化し
現代に受け継がれている。

そこから、時が経ち、 近代的なキャンプが誕生することになる。
イギリスやフランスを中心に、アウトドアレジャーの宿泊の1つとして
プロの登山家ではない人たちの間でも、テントを張り宿泊するスタイルが確立していく事になる。

camp

もう1つのグランピング文化を確立したアメリカ

工業化が進むヨーロッパで車が誕生したころ、アメリカでも
フォード(ヘンリー・フォード)がガソリン自動車が生まれていた。
爆発的に売れたT型フォードは、アメリカでオートキャンプの大流行を
引き起こした。

フォード、エジソン、ファイアストーンの3名は、新しいグランピングの始まりともいえる
車とキャンプを掛け合わしたオートキャンプをはじめたそうです。

1915年から1924年まで9年間、毎年、大きなテントと大きなタープを張り、
大自然で優雅な食事を楽しむ事を続けていたのだそう。

実にうらやましい!

1921年には「第29代アメリカ合衆国大統領のウォレン・ハーディング」も参加し
楽しんでいたそうです。

グランピングの歴史には欠かせない始まりの出来事だろうと思う。

快適な車の旅、快適なキャンプ。この2つが時代とマッチングし、

爆発的なグランピングブームとなったのだろう。

世界中で愛され、楽しまれているキャンプ。

 

人それぞれ楽しみ方が何通りもありますね!

 

campmenu

 

「体験し共感する最高の贅沢」

 

わたしはね、最高級の家に住み、高級車にのり、毎日高いお酒を飲むのよ。

とても贅沢でリッチな暮らしです。

 

本当の贅沢とはなんでしょうか?

お金で買える事だけが贅沢でしょうか。
高い腕時計をすれば、満足でしょうか。

もちろん、人それぞれ感じる事が違い、感動する場面も違います。

 

時代と共に生活も豊かになり、便利さも増えました。
大人になれば自分の働いたお金で好きな物も買える。

古くなれば、新しい物もすぐ買える。
コンビニで24時間好きな時に好きな物を買える。

 

本当に便利な世の中です。

基本的に、キャンプは不便なことだらけ。
それゆえ、慣れた方やそれなりの道具をそろえないと快適なキャンプが出来ない。

個人的には不便さを感じるキャンプは大好きですし、むしろ
自分なりの便利さを追求していくところに楽しさがあるので、
キャンプが好きなのだと思います。

キャンプをしたことがない・・・

自然なんて大嫌い!

キャンプはじめるハードルが高そう・・・

 

そう思っている方にこそグランピングを体験して頂きたい!

 

 

グランピングで贅沢なキャンプを楽しむ条件第3弾は、

「体験した事を思う存分味わい、贅沢な時間を感じる」

に決定です!!

 

初めての体験をすると、贅沢な気分を味わえ、テンションも上がる。

体験効果を味わう事は人の健康にも良い効果をもたらすそうです。

それゆえ、自分自身の体験にお金をかけ楽しむ方が増え、
トレンドになっているそうですね!

 

色々な体験を通し、人との繋がりも増え、おいしい食べものを食べ、

美味しいお酒を飲み、最高の環境で眠り、大自然の空気で目覚める。

四万温泉には、大自然を楽しめる環境があり、効能豊かな温泉がある!

にぎやかなお店や、便利なコンビニもないけれど、きれいな川や星空がある。

ちなみに、鳥のうた声はにぎやかです 笑

 

 

以前に、東京から来たお客様が(体調があまり良くなく精神的にも辛いと聞いていた)

「四万温泉に近づくにつれ、宮崎駿の世界に入り込んだ気分になった!」
(コケが張り付いたトンネル、木々が重なって、トンネルみたいになっていた等)

と、おっしゃい「大自然ってこんなに良いんですね!」と笑顔でお帰りになった

「笑顔」がいまだに忘れられません。

そんな、「笑顔」を増やしたい!

 

 

いらっしゃったお客様、働くスタッフ、皆笑顔で過ごせる場所。

四万温泉「おんせんキャンプShima Blue」では、

新しいカタチのグランピング施設を現在建築中です。

今年の年末には、カフェのエリアが完成し、先行オープンする予定です。

宿泊施設は、来年、春にオープンする予定です!

 

sb-p

 

春までまだ先ですが、年末には皆様と一緒にクルクルできそうです!←お前もまざるのか!
って聞こえてきそうですが・・・(クルクルについては、第1弾をご覧下さい!)
群馬四万温泉で森林浴+グランピング!森林浴効果がスゴイ!【第2弾】

グランピングで贅沢なキャンプを楽しむ条件【第1弾】

 

sf-yuka