外国人旅行者が日本で体験したい事、日本に来る理由とは?

日本政府観光局によると、2016年3月と4月の訪日外客数は、
なんと連続して200万人を突破したそう!

日本への観光客増加について、外国人観光客が日本の「どこに(何に)」魅力を感じ
来てくれているのか、まとめてみました。

皆様、こんにちは!
まだ、全身筋肉痛のゆーです・・・

草刈機を使用したのは、今回で2回目!
恐らく、持ち方やら使いかたやら間違っているのかもしれません!

(宣誓!)我々つるや一同は、雑草に負けず、強い心でこれからも進んで行こうと思います!

 

subway-1565684_1280

 

それでは、本題に!

今日は、外国人旅行者が語る日本の魅力について書こうと思います!
※2016年、3月4月のデータを元にしております。

国名 3月 4月
オーストラリア 4.1万人 4.0万人
アメリカ 11.6万人 11.4万人
カナダ 2.6万人 2.3万人
イギリス 3.4万人 2.9万人
フランス 2.1万人 3.4万人
ドイツ 2.1万人 1.8万人
イタリア 1.0万人 1.2万人
スペイン 0.8万人 0.6万人
ロシア 0.4万人 0.5万人
中国 49.8万人 51.5万人
韓国 37.4万人 35.4万人
台湾 32.8万人 38.4万人
香港 16.1万人 12.7万人
タイ 9.9万人 13.1万人
シンガポール 3.3万人 3.0万人
マレーシア 3.8万人 3.8万人
インドネシア 2.6万人 3.1万人
フィリピン 3.7万人 4.1万人
ベトナム 2.3万人 3.4万人
インド 0.9万人 1.1万人

 

オーストラリア政府観光局から、日本人観光客が伸びていると発表が
ありましたが、オーストラリアからの旅行者の来日数は、2016年3月は前年と
比べると、43.3%増!4月は前年と比べて16.6%増!となっているので、
オーストラリアからの来日数もかなりのびていますね!!!スゴイです!

 

日本政府観光局を始めとして、各地、各種のキャンペーンやPRが功を奏し、
空路や航路が充実してきたため、日本に来る外国人も増えたと言います。

関係各所が、桜や各地の祭、お城、回転ずしなどを積極的に宣伝した効果ですね!

そして、3月に最高記録をたたき出したというアメリカ!!
アメリカ人の旅行先として今アジアが注目されていると言いますが、
中でも日本は人気の旅先なのだとか。

とんこつラーメン、最高級ハンバーガー、高級和牛、ご当地グルメ、高級お寿司や、回転ずし
庶民的な居酒屋!アメリカ人はグルメが魅力で、食べ歩きをする方が多いそうです。

色々なメディアでも、発信していた日本特集グルメ記事がとても面白く
日本人の私でも、釘付けになる様なとても面白いPR記事や映像を沢山見ました。

やはり、桜+お城めぐり。このセットは大人気のようですが、
日本の桜を目当てに来日した方が相当数いたようです。

お花見は日本を代表する文化ということですね。

東京では超大型クルーズ船も入れるように、お台場 「船の科学館」の近くに
計画されています。国土交通省は年間で500万人のクルーズ客を呼び込もうと
努力しているように、今後こうしたクルーズ客も増えてきそうですよね。

 

tetsudou

各種SNSでの観光PR効果はかなり成果を出しています。

英語の他10か国語でSNSをされている方の意見によると、日本にはなじみのない
各国の「大型の休暇」前は問い合わせが殺到し、対応で1日中PCの前から
はなれられないのだそうです・・・

やはり、日本語を理解した上で来日する方は少ないでしょうから、
気軽に問い合わせのできるSNSの活用は素晴らしく便利な物です。

3月は、春の宮島や倉敷など中国地方を中心としたプロモーション展開も
功を奏したと言います。4月は北海道の桜も大盛況だったそうです!

台湾のお客様は、富山で立山黒部アルペンルートの全線開通に合わせて、
多くの方が訪れたと言います。
色々な形で日本を楽しんでくれているのが伺えます。

現地のTVでの日本特集でのPR、旅行博や様々なイベント等で
日本のPRが行われたことが、日本へ来るきっかけとなっている方が多いようですが、

私が特におもしろいな!と思ったSNS事情が、SNSを利用している旅行者が
日本人の普段の生活の動画をUPし、その生活をまねてみる!というもので、

夏は、海水浴での海の家の楽しみ方や、日本式かき氷の食べ方、普段の遊び方を
フードコートの楽しみ方をSNSにアップしたところ、ものすごい反響で、

「わたしもやってみたい!わたしも行きたい!わたしも食べたい!」

となり、それを見た読者がすぐさま来日し、体験した事を自分のSNSにUPするという
鬼カリスマ的な投稿者がとても面白く興味をもちました 笑

日本側がPRした記事や情報ではなく、旅行者が発信した情報の「信頼性」が
爆発的拡散につながったのでしょう。

すごいことです!SNSの可能性は果てしない!!

フランス人の方は、日本の文化や風習、技術、一般生活に興味を持つ方が多いようで、
人混みの観光地よりも、外国人が行かない、来ない場所を好む方が多いようです。

理由としては、異文化の生活や日本の文化をゆっくり楽しみたい。

華やかな場所よりも寂れた温泉地等に興味を持つ方が多いようです。

あ。四万温泉・・・出番だ!!!!

 

わたしの知人のフランス人は、ガチャポンに狂ってしまい
皆の反対を押し切り、ん十万をつぎ込んだという伝説の方がいますが(笑)

そんな方は少数派だと願いたい・・・

 

 

先日の記事にも書きましたが、

「体験した事を思う存分味わい、贅沢な時間を感じる」
グランピングで贅沢なキャンプを楽しむ条件【第3弾】

体験をし、感動し、共有する事は、人種関係なく、世界共通だなと思うのです。

 

異文化を体験する事は、あまり頻繁に行える事ではないので、
様々な体験を通し感動する事の素晴らしさがが伝わっているからこそ、

日本への旅行者が増えているのだなと思います。

 

わたしも、日々研究を怠らず、おんせんキャンプShima Blueを
極めて行きたいと思います!!

そして四万温泉で、外国人の旅行者とすれ違ったら、心からの日本への歓迎を伝ようと思う!
もちろん、日本のお客様の歓迎も忘れておりません!

SRK社員一同、つるやへのお越しを心よりお待ち申し上げております!!

 

sf-yuka