現代にリニューアル?!プチ湯治とヘルスケア「四万せんか」ツアーとは?

新しく古い旅とはなにか?

turukaicyo

 

皆様、こんにちは!つる会長です!

 

 

 

今日は、今1番新しくもあり、1番古い旅についてお話しようと思います。

 

これは本格的ヘルスツーリズムのツアーとして、

健康総合産業タニタと名湯四万温泉ががっちり組んだ日本初の試みである。

 

しかしながら、四万温泉にとってはもともとあった

文化「湯治」のリメイクでもある。

詳しくお伝えすると以下のようである。

silhouette-683751_1280

この取り組みが始まったのは1年前の春にさかのぼる。

経済産業省推進の「ヘルスツーリズム」に四万温泉が、

群馬県の力添えをもらい手を挙げた。

 

全国各地から多くのエントリーがあったのだが、

 

①四万温泉に以前より、長期滞在の湯治文化が残っていたこと。

 

②国民保養温泉第1号に選ばれた温泉地であり、

環境の素晴らしい温泉であること。

 

③温泉の泉質が優れていて健康推進に相応しい地域であること。

 

上記の3点が評価され、厳しい選考をくぐり抜け採択された。

そしてこの事業がスタートするのだが、大きな課題が滞在中の食事。

abstract-1238247_1920

健康になるための旅行で、カロリーオバーの食事では目的が果たせない。

そこで丸の内タニタ食堂で有名な健康総合産業タニタに指導を依頼し、

了解をいただき大きな前進。

 

その後温泉内の7旅館が参加し、各板長のこだわりの旅館料理と

健康推進のタニタレシピと何度もすり合わせが行われ、

各宿のタニタ監修メニューが完成。

 

料理のみならず、温泉療法医による医学的見地からみた温泉の入り方、

タニタ活動量計を使い運動推進。

さらに、アプリを使ったツアー後のアドバイスも整備した。

gym-1180054_1280

この内容で昨年一般の方を対象としたモニターツア、

マスコミ記者を招待するファムツアーを実施。

 

この成果をもとにようやく、ヘルスツーリズムの商品として

売り出したのがこの8月である。

 

第1弾!9月26日、第2弾9月28日いずれも2泊3日のツアー。

これを皮切りに更に参加旅館を募集し、

ヘルスツーリズムが四万温泉の目玉になる旅行形態になる構想である。

 

「世のちり洗う四万温泉」と昔より親しまれた

名湯四万温泉の新しく古いチャレンジに注目して欲しい。

 

 

 

 

 

prf-seki-1