「四万温泉発祥の湯」本日、御夢想の湯の掃除当番

四万温泉にある「御無想の湯」とは「四万温泉発祥の湯」と言われている

四万最奥日向見地区にある共同浴場。

源泉は国の重要文化財日向見薬師堂下より湧いていて
(つるやもこの由緒ある源泉を引いています)

9時から3時まで一般開放されている。

sb-i01

皆様、こんにちは!つる会長です!

 

 

御夢想の湯(ごむそうのゆ)を簡単にまとめると、
四万温泉の中で一番奥に位置する日向見(ひなたみ)地区にある。
ここが、四万温泉の発祥地とされている。
ここ日向見には、重要文化財の日向見薬師堂や薬王寺、
摩耶姫伝説の摩耶不動もある。
伝説によると、源頼光の家臣の日向守定光が、
ここに仮寝をした時に、夢枕に童子が立って
「四万の病に効く霊泉」を告げた。
これが四万温泉の始まりだという。
御夢想の湯の名前もこれにちなんでいる。

このお風呂を維持管理しているのが、地元の住民の方や商店、旅館だ。

約1か月に1度の割合で掃除の順番が来て、その日の朝8時までに清掃を終了し
次の人に回すシステム。本日はつるやの当番日。

このように地元の人の協力で共同浴場を維持している。

お風呂の湯船は少し小さめだが、川も見える絶好の立地に建っていて勿論源泉100%。

四万温泉にお越しの際は少し足を延ばして四万ブルーの
奥四万湖周遊見学し、真田信幸ゆかりの薬師堂へのお参り、
そして効能豊かな御無想の湯への入浴をおすすめしたい。

 

sf-seki003