外国の方もウエルカム~四万温泉の取り組み

国民保養温泉指定第1号で知られる「群馬県の名湯 四万温泉」は、

数年前までは、外国人旅行者の集客に対し積極的とは言えなかった。

sb-i01

 

皆様、こんにちは!つる会長です!

 

 

今日は、外国人旅行者の集客に対してのお話を書こうといます。

 

対策が進まなかった理由は、いくつかある。

 

外国人の団体旅行が来ると賑やかになり、静かな土地が売りの四万温泉の良さがなくなってしまうという心配。

言葉が通じない上に、文化の異なる外国人をしっかりとおもてなしできないのではないかという不安。

そもそも電車の本数が少なく、交通の便が悪い土地に来たい外国人がいるのかという疑問。

 

こんな諸事情があり、インバウンド対策が進まなかった。

 

しかし時代の変化と共に、ここ数年情勢が変わってきた。

四万温泉の中でも先進的な宿は、多言語のホームページを

駆使し外国人の集客を始めた。

 

実際に年々増加の傾向だと聞いている。

 

また積極的に取り組んでいなかった当館でも、インターネットを通じて

外国の方からぼちぼち予約が入るようになった。

inn-57382_1920

遠い距離を旅してきたその方たちが、

本当に満足できるかどうか不安だった。

 

しかし予想に反して旅行者の人は日本が好きで、

 

旅館が好きで、さらに自然豊かな四万温泉も大好きな人ばかりだった。

そんな経験を積み重ね、当館でも遅ればせながら

手始めに英語のホームページ制作を発注した。

 

今、四万温泉の中でも積極的に取り組む宿が増えてきている。

そんな流れを受けようやく四万温泉協会でも、

英語のホームページ制作に乗り出した。

 

東京オリンピックに向けて、間違いなく

外国からの渡航者は増えることが予想される。

 

その中で四万温泉は古き良さを守りつつ、

時代とともに進化する温泉地。

 

日本人、外国人に限らず訪れる方が癒され、

楽しめる温泉地を「一山一家」みんなで目指したい。